安心・安全で美味しい健康卵

「オールイン・オールアウトシステム」とは?

120日令の若鶏を能登半島の鶏舍にオールインし、15ヶ月飼育後にオールアウトします。空になった鶏舍をキレイに水洗・消毒して1ヶ月お休みします。この遊休期間が清浄な養鶏場に保つことができるシステムのことです。

なぜ鶏舍を休ませるのか?

鶏舍に絶え間なく入れていると、病原菌が常在してしまうからです。

セイアグリー健康卵はサルモネラ菌のいない農場でサルモネラ菌を保菌しない親鶏が産む、サルモネラ菌の無い白い美味しい安全な卵です。

親鶏の健康が卵の品質をつくり、おいしい風味をつくるために

とうもろこし、魚粉、大豆、牧草、かき殻などの自然の原料で、その性質と栄養を

損なうことなく配合した飼料で飼育されるそうです。鶏たちは自然の恵みを受けた

健康な体質を保って健康な卵の品質をつくり、おいしい風味をつくるそうです。

品質を守るために洗わない!?

今までの考えだとサルモネラ菌などを心配して、ちゃんと洗ったりしないと

いけないと思っていました。

健康な親鶏から産まれた健康な卵はクチクラという蛋白質の膜で覆われて、守られているそうです。

クチクラは空気は通しますがカビや細菌を通さないそうです。

健康卵は風味・品質を守るために自然の摂理に従って洗わないそうです。